食べる順番を変えるダイエットとは?

ダイエット中の食事で大切なのは、食べ順です。食べる順番を意識するだけで、血糖値の上昇を防いで太りにくくすることができます。

 

基本は、最初に食物繊維の多い野菜を食べることです。次に肉や魚などのメインのおかず、最後に主食という順番です。

 

最初の方にスープ(シチューなど糖質の多いものは除く)を飲んでおくと胃が温まって、さらに満腹感をはやく感じることができます。

 

ポイントは最初に食物繊維の多いものを食べて血糖値の上昇を防ぐことです。

 

食物繊維を摂取すると、血糖値の急上昇を防ぐことができます。最初にご飯などの主食を食べてしまうと、糖質が多いために血糖値が一気に上昇してしまいます。

 

すると膵臓から血糖値を下げるためのインシュリンというホルモンが分泌されて、脂肪がつきやすくなります。

血糖値を上げないことが大切

"インシュリンが分泌されてしまうと、余ったエネルギーのブドウ糖は脂肪細胞に蓄積されて太る原因になります。ダイエットのためには、血糖値の上昇は防ぎたいものです。
そのために食べ順ダイエットでは、最初に食物繊維で血糖値の急上昇を防ぐようにします。食物繊維のガードのおかげで、後に主食類を食べたとしても血糖値が上がりにくくなります。
2番目におかず類を食べるのは、主食を先に持ってきてしまうよりも血糖値の上昇を促さずに済むからです。肉や魚はタンパク質と脂質がメインなので、糖質に比べると血糖値の急上昇につながりません。
最後に主食を食べるのは、血糖値を高めてしまうものは後にして、食べ過ぎを防ぐことを目的としています。この方法だと無理なくダイエットができます。"

人付き合いも大丈夫な方法

"主食もおかずも食べたいという人にとって、この食べ順ダイエットはとても役に立ちます。普通の食事制限ダイエットだと、糖質抜きや肉抜きなど、食べたいものを我慢しなければならないことが多いです。
一人で食べているのであればいいですが、誰かと食べなければいけないシーンに出くわすと、人付き合いが悪い人と認識されてしまう可能性があります。
これに対して、食べる順番さえ変えれば良いという食べ順ダイエットならば、時と場合を選ばないで食べることができます。
順番だけがルールなので、大抵のものは食べられます。
最初に野菜を食べることで、最後に主食を食べる頃にはお腹がいっぱいになっていくので、食べ過ぎを防ぐことができます。主食を食べ過ぎてしまうという大食いの人でも安心です。"